妊娠すると腰痛が起こる原因

 骨盤を締めるパンツやベルトを厳選->妊娠すると腰痛が起こる原因は?

妊娠腰痛の原因とそのちょっとした対処法

新しい命を授かるというのは、神聖で喜ばしいことです。

お母さんのお腹の中にいる間には、神秘的な営みによって生命が育まれていきます。

その過程で、どうしても避けられないのが腰痛です。

これは、大なり小なり多くの妊婦さんが、経験するものです。

一番の原因は、ホルモンの変化によるもの。

妊娠中は出産にむけて ホルモンの分泌が活発化します。

狭い骨盤を赤ちゃんが通りやすくするように、腰を支えているじん帯を伸びやすくするホルモンも出されます。

じん帯がゆるくなって、骨盤の関節が不安定になることでも腰痛を引き起こしてしまいます。

それに加えて、姿勢の変化も筋肉に負担をかけます。

お腹が大きくなるにつれて、重みが前にきますから、どうしても後ろへ反る形になってしまいます。

また、妊娠中は悪阻などで体調不良になりやすく、横になることも多いですね。

動かなくなることで、血流が悪くなり、筋肉が硬直し痛みとして現われます。

軽い腰痛ならば、動くことで痛みが解消されることも多いです。

なんといっても 気分が違いますよ。

重苦しかった気持ちも 軽いストレッチ等で、前向きになったりします。

マタニティヨガや水中ウォーキング、公的機関が実施している妊婦さん向けの体操教室などを利用するのもいいですね。

新しい友達ができたり、ちょっとした情報を得たりすることで、お産への不安も軽くなったりしますよ。




サイト運営者情報
お問い合せもこちらから
お得にトライアルセット